about 小田敏弘

小田 敏弘 (おだ としひろ)

経歴
灘中学・高等学校、東京大学教育学部総合教育科学科卒。
小学校時代は“算数のできる人”として過ごし、算数オリンピックにも大会連続で決勝大会に進出。
灘中学校に進学後も、広中杯全国中学生数学大会で大会連続決勝進出、位入賞などの結果を残したが、さらに上を行く同級生の数学への情熱を見て、自分ではその領域までいけないということを自覚。一度数学を諦める。
灘高校進学後は教育問題に関心を持ちはじめたため、東京大学教育学部に進学。
大学在学中は教育行政学を専攻していたが、アルバイト先の塾で “算数のできない”子どもを見るなかで、自分のやってきた“算数”と全く違う「算数」をやっていることに衝撃を受けつつも、算数のできない人、嫌いな人が量産される現状に納得。
以降、“正しい算数のやり方”を伝えるべく奮闘している。
大学卒業時には進路に迷うが、教育問題の課題の原因がさまざまな分野にわたり、解決も単純にはいかないということを知ったため、教育についてマスな視点は残しつつも、ひとまずは馴染みの深い算数・数学教育でできることをやろう、というところに着地。
最終的には、『出版甲子園』という学生の出版コンテストで審査員特別賞を受賞、出版のオファーを受けたことで、フリーランスで生きていくことを選択。
大学卒業後、現在は、「算数・数学」と「学習支援」をキーワードとして、幅広い活動を展開している。

活動/実績
・学習塾「文の会」にて、小学生~高校生までの算数・数学指導。
・フリースクール「東京未来大学みらいフリースクール」にて、小・中学生の算数・数学指導。
・算数ゲーム・論理ゲームなどの、ゲーム教材の開発
ex) 『マシージ』『はらぺこ』など
・算数・数学関連本,記事の著述業
ex) 『できる子供は知っている 本当の算数力』など
・国際数理能力評価機構(MASSE)にて、主任研究員として問題研究を担当

→ その他、詳細はこちらから

好きなもの
日本酒 和菓子 温泉 旅 散歩 城
100名城スタンプ収集中。