愛と勇気と講演会。

ご無沙汰しております、確定申告は初日に済ませた小田です。
すぐにできることはなるべく先にやっておこうと思えるようになった、今日この頃なので。
しかし、確定申告というのはとても面倒な作業ではあるのですが、ある意味では“一年間仕事を頑張った自分”を数字にしていく作業なので、楽しいと言えば楽しいような気もします。
まあそんなことを言っても、その数字が減っていたりすると、きっとブルーになると思うんですけどね。
そんなこんなで、この週末は研伸館さんで講演会をさせていただきました!
実は私も昔研伸館に通っていたという御縁があって、今回しゃべらせていただいたのですが、新灘中生対象コースの入塾説明会の一環、という形で、新灘中生の保護者の方々を前にして喋る、ということで、灘校生の実情についてあることあることたくさん喋ってまいりました。
ちなみに、この「あることあること」は、実際に講演会でも使ったネタなのですが、普通にスベってしまったので、若干心が折れかけました。
中学受験が終わった直後にもかかわらず、多くの熱心な親御さんたちにお越しいただいて、また、その真剣なまなざしを浴びて、ものすごく緊張していたというか、正直ビビりながら喋っていたのですが、アンケートでは好評をいただいていたようなので一安心です。
昨晩は、アンケートデータをいただいてニヤニヤが止まりませんでした。はい。
まあ講演会でお話しした内容をもとに、一人でも多くの後輩が、楽しくて実りのある学生生活を送れるようになれば私としても、とても嬉しいと思います。
そして、そんな後輩たちがあんまりガッカリしないように、私自身も明日から頑張っていこうと思います! 明日から!!


9 thoughts on “愛と勇気と講演会。

  1. .nom

    すぐ出来る事を済ませる!
    偉いですね。
    簡単な事でさえ、
    つい後回しにしてしまう女性は多いと思います。。
    さて、小田さんの講演会には興味があります。
    ここ東京でも実施される事があれば、
    お知らせください。
    頑張るのは明日から?
    今日からではなく・・・ ^^?
    (すぐ出来ない事・・・?)

    返信
  2. 小田敏弘

    最後の「明日から!」はいわゆる“ツッコミどころ”というやつです(笑) ありがとうございます。
    講演会も、もし東京で実施させていただく機会がありましたら、告知させていただきます!

    返信
  3. .nom

    ツッコミどころですね。
    はい、ちゃんとうけました(笑)
    ちょっとした疑問なのですが、
    研伸館にはいつ頃から何年間
    通っていらっしゃったのでしょうか(・・)?

    返信
  4. 小田敏弘

    研進館には中学1~3年まで通っていました。
    英語が苦手だったので、学校の授業についていくためのコースです。

    返信
  5. .nom

    中学時代だけだったのですね。
    高校時代は独学?
    『苦手』という言葉が小田先生から
    食物以外に出てくるとは
    思いませんでした( * * )
    To tell the truth,
    (英語は一行だけにしておきます)
    私は英数は好きですが、
    理社は苦手です(ーー;
    これは内密に!

    返信
  6. yosinaripon

    小田さん、こんにちは。
    講演会は好評でよかったですね。
    実は、私の子供は知的障害で、今小学5年生ですが、算数は掛け算の九九程度までしかできません。
    何か良い教材をご存知でしたら教えていただけませんか?
    先週貼り付けたリンクで反日の実態はご理解いだだけたでしょうか。よろしければ一日1回応援クリックお願いします。

    返信
  7. 小田敏弘

    >.nomさん
    高校時代はいろんな塾を転々としてました。
    モチベーションが下がってきたら、「この塾は自分には合わないなー」とか言って(笑)
    私は結構、興味のないことはぜんぜんやらない(そしてできない)タイプですよ(笑)

    返信
  8. 間渕 裕子

    先程、質問したばかりですが9分の1650と考えたら解決しました。どうもお騒がせ致しました。
    本とても楽しいです。

    返信

間渕 裕子 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です