たたかいのはじまり。

 ご無沙汰しております、遠い昔は受験生だった小田です。
 私が中学受験をしたのも、10年以上前の話なんですね。
 先日小学校時代の同級生と再会したとき、私が「親や塾の先生方のプレッシャーがきつすぎて、受験当日にお腹を壊した」ということになっていたことを聞かされてびっくりしました。
 まあ確かに受験当日に緊張してお腹壊した事実はありますが、それは単純に自分が気負いすぎてたからで、他人の期待を忖度するようなメンタリティは当時の私にはありません。
 あと、私はとてもお腹が弱く、緊張するとお腹を壊すのはわりとよくあることで既に慣れっこでしたので、それがどの程度試験に影響したのかと聞かれると、正直なところよく分からないということで。
 そんなこんなで、ついに東京の中学入試が始まりましたね。
 ここから先は、会場にきている子供の多くが本命で受けにきている試験ですので、それぞれの会場は、これまでの入試とは全く違う雰囲気につつまれていることでしょう。
 さらに言うと、ほとんどの6年生にとっては人生初の大勝負。
 自分より賢そうに見える周りの子どもたちを見て、緊張しまくっているのではないでしょうか。
 しかし先述の通り、自分のことを天才だと信じて疑わなかった当時の私でさえ、それだけ緊張はしたのです。
 受験生のみなさんは、安心して大いに緊張すればいいと思いますよ。
 自分が緊張してるなら周りも緊張していますし、周りが賢そうに見えているなら、周りから見た自分も賢そうに見えてますって。
 緊張しなかった人が勝つのではなくて、緊張して動かない頭を無理やり動かした人が勝つのです。
 まだまだこれから連戦の人も多いと思いますが、最後まで体調には気をつけて頑張ってください。
 保護者の皆さまも、最後まであたたかく見守ってあげてください。


たたかいのはじまり。」への4件のフィードバック

  1. .nom

    更に遠い昔は受験生だった .com です。
    経験していない中学受験を
    我が子に強いる(?)とは、複雑な心境です。
    受験当日のみならず、
    常にプレッシャーを感じさせない様
    soft に演じなければ、と思いますが、
    実際こちら(親側)の方が周囲からの
    プレッシャーを感じている様な気もします。。
    ところで小田先生はお腹が弱いのですね。
    緊張だけが原因ですか? (食物は?)
    『昨夜早速算数の宿題を解いていました。』
    という朗報で
    お腹の調子は良くなられましたか? ^^
    ※実験ではありません ^^;

    返信
  2. 小田敏弘

    そうですね。
    親御さんにとっても、お子さんの中学受験は一大イベントですね。
    私にも何かお役に立てることがあれば、と思います。
    食べ物は、刺激物には弱いですが、普通の食べ物なら大丈夫だと思います(笑)
    >『昨夜早速算数の宿題を解いていました。』
    お子さまの将来がとても楽しみです!

    返信
  3. .nom

    ・刺激物とは、カレー粉も?
    ・sweets はお好きですか?
    以上、訳有りの質問でした。
    我が子の将来は小田先生次第と言っても
    過言ではありません、
    とプレッシャーを小田先生に移行(!?)。
    『冗談や』、と言いたいところですが、
    実際、子供の将来は
    関係している人や環境全てに由りますね。
    宜しくお願い致します。

    返信
  4. 小田敏弘

    普通の食べ物なら大丈夫ですよ!
    カレー屋さんに行ったときに「辛さをアップするのはやめておこう」と思ったり、ラーメン屋さんに行ったときに「麺をカタ麺にするのはやめておこう」と思ったりするレベルです(笑)
    ちなみに、甘いものは和菓子が好きです!
    そうですね、なかなか子どもは思い通りに動いてくれなくて困ることもありますが、いろんなところで影響を受けて日々変わっていく、成長していく子どもの姿は、見ていて楽しいものでもあります。
    こちらこそ、よろしくお願いいたします。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です