つわものどもが夢の址。

ご無沙汰しております、GWはちょっくら実家に帰っていた小田です。
久々に帰省したら、いつの間にか母がWiiフィットにハマってました。
あと、負けず嫌いな父も、母の点数を抜くべく一生懸命プレイしてました。今日も小田家は平和です。
Wiiフィットは、自分の代わりにゲーム内で動いてくれるキャラクターを、髪型とか目の形とかのパーツを組み合わせて作ることができるのですが、私の分のキャラクターは先日帰省した弟が作ってくれていました。
顔は妙に似ていたのでそれはそれでよかったのですが、身長が弟のキャラクターより低くなっていたのでこっそり修正しておきました。
いや、弟より背が低いなんてことはないですよ。本当ですよ。
あと、帰省ついでに、前々から行きたかった、滋賀県にも行ってきました。
今、私の中で滋賀県が熱いのですよ。
特に縁やゆかりがあるわけではないですが、織田信長や豊臣秀吉がお城を建てた地域、っていうだけで、なんだかわくわくしませんか。
まあ一応、今年の大河ドラマ~江~の舞台でもあるので、世間的にも普通に熱いのは熱いと思いますが。
でも、これから東京の力が弱くなってきて地方分権が進んできたら、交通の要衝にあたる滋賀県の地位は上がると思うんですよね。
ってことで、これからも滋賀にはちょくちょく遊びに行きたいと思います。教育関係の仕事でも行ってみたいなぁ、とは思ってます。
そんなこんなで、安土城址。

この階段を織田信長が一生懸命上り下りしている様子を想像すると、軽く麦茶を吹けます。
実際は誰かに運んでもらったりしてたんだと思いますが。
あと、近江牛+長浜ビール。

美味しゅうございました。
国内旅行はわりと好きなのですが、何が好きかって、いろんな生活をしてる人を直で見ることが出来るのが面白いですよね。
食べていくだけなら東京の人だけを相手にしててもなんとかなると思うのですが、“教育”でなにか面白いことをやる、というのであれば、『東京』という特異な地方だけ見ているわけにはいきませんし。
余裕のあるうちに、いろんな地域を回って、いろんな地域に住む人を見ておきたいなぁ、とは常々思っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です