秋になりました。

 ご無沙汰しております、唐突にラーメンが食べたくなると、決まって天下一品に行く小田です。
そういう時って、つまり妙にこってりしたものが食べたくなるときだと思うのですよ。それゆえのチョイスです。
しかし、先日ついに炒飯とのセットが食べきれなくなったこの運動不足の身の上なので、しばらくすると並盛すら食べきれなくなってしまうかもしれません。
それはなんだか困りますね。
さて、気がつけば9月になってしまいました。
先日の帰省記事からもう2週間ですか。早いものですね。
この2週間は主に小学生の相手をする毎日だったのですが、その初っ端のほうは、『東大脳と坐禅体験』という合宿イベントで宮城県角田市に行ってまいりました。
文京教育サポーターズさん主催のイベントだったのですが、文の会の出張授業もあるよ、ということで、代表に着いて行ってまいりました。
いろいろと初めての経験もあったりして、大変勉強になったのですが、それはそれとして、子供はどこに行っても元気ですね。ほんとうに。いいことですが。
毎回子供と接していて思うことは、子供って小さいうちは自分の頭使って問題解くのって好きなんですよね。
それが小学校高学年~中学生~高校生になるにつれて、だんだん自分の頭で考えなくなるように調教されていくのがなんとも。
子供が「わからない」っていうと、隅から隅まで懇切丁寧に教えてあげる、“優しい”先生方が多いのかなあ、と最近は思っているところです。
そういえば、拙著『できる子供は知っている 本当の算数力』ですが、お陰様で先日ついに3刷目に突入いたしました! ありがとうございます。
実は塾のほうでもサインを入れて手売りをしているのですが、こちらもありがたいことにご好評いただいております。
この調子でじわじわと、末永く売れてくれればいいな、と願っております。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です