続きもWebで。

ご無沙汰しております、2月にはまんまと逃げられた小田です。
しかしあれですよね、もともと日数が少ないのですから、いつの間にか終わってしまうのもある意味当然だと言うことができるかもしれません。1日増えたって、誤差の範囲ですよ。
とはいえ、実はこの2月は個人的にはとても充実した月でもあり、むしろそのために早く終わったような気がする感は否めません。
中学受験も終わり、塾の学年も変わり、仕事のペースが変化していく中で、次のステップに進むにはどうしようかな、と考えてみた2月でした。
そういうわけで2月は、お仕事でご一緒した方、同じような関心・志をもって活動されている方、昔の知人・友人など、いろんな人に会っておりました。
やはりフリーでいると、さまざまな人とお会いして、視野を広げ、思考を深める時間はとても大切ですね。みなさま、ありがとうございます。
しかし、私のほうはいろんな人とお話しすることで様々なものを得ている実感はあるのですが、会ってくださる方々になにかこちらからちゃんと提供できているものがあるかどうかは、常に気をつけておかなければならないポイントですね。
それはそれとして、本日から「“本当の算数力”で読み解く全国有名中学入試問題2012」を本サイトにて連載しております!
先日、ネットニュースで灘の問題が話題に上っていましたが、単に「難しいよね」で終わるのではなく、解ける人はどこに目をつけているのか、解くためにはどういう能力が求められているのか、そういう視点から分析していこう、というコーナーです。
平たく言うと、既刊のプロモーションも兼ねております。
もともと2月末と告知しておりましたが、本日からの連載ということで。
今後の連載予定としては、隔週で主に週末、木曜か金曜日ごろにアップしていこうと思いますが、メールマガジンでも配信していこうかな、と思っております。
内容は基本的に同じで、ホームページに掲載した1週間後くらいにメールマガジンで流す予定です。
いちいちこのページまで見に来るのは面倒だなー、という方はそちらからどうぞ。
また、メールマガジンのほうでは次週の問題も載せる予定ですので、先に問題を知って自分で解いてみたい!という方もそちらをどうぞ。
どうぞ、って言いつつ、現在発行申請中ですので、また登録ができるようになりましたらご案内いたします!
それでは。


続きもWebで。」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です