7SEEDS。

ご無沙汰しております、最近は空模様が一番気になる小田です。
うまいタイミングで洗濯物を干さなければいけませんからね。
今日はなんとか洗濯物を干せました。
でも今年って、あんまり梅雨梅雨した感じではない気がするんですが、そんなもんでしょうか。
まあ、今年は早めに梅雨入りしたみたいなので、気温が上がってくる時期とは若干ズレがあるのかもしれません。
さて。
話は全然変わりますが、最近、『7SEEDS』という漫画にハマっていまして。
 
巨大隕石の衝突で人類と文明が滅んでしまう!

人類絶滅を避けるために、一部の人間を異常気象が落ち着くまで冷凍保存しておこう!

知らない間に冷凍保存された主人公たち、様変わりした世界でサバイバル!←今ここ
っていう感じの舞台設定です。
冷凍保存は7人1チーム×5チームで、それぞれのチームでいろいろあったりなかったりしながら話は進みます。
その中の1チームは、山奥の施設で選別され、鍛えられた子供たちからなるチームなのですが、個人的にはそのエピソードが一番面白かったです。
教育の意味ってなんなのかなー、なんて殊勝なことも考えてみたり。
最近の話は、少女漫画らしくラブがコメってたりするのですが、サバイバル生活を送る人間模様は普通に面白いので、続刊にも期待。
でも、この手の「大きく変容した世界でのサバイバル」って、どうやって話を終わらせるのかが、実は一番気になります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です