タワーバーガーを食するの巻。

 キーボードをカタカタと打っていたら、鼻からネジが落ちてきた小田です。
 「そうか、最近頭の調子が悪いと思ったら、ネジが緩んでいたのか」と思ったのですが、よくよく見てみるとメガネの鼻パッドのネジでした。
 さて。
 先日から私の脳内で話題沸騰中だった、ロッテリアのタワーバーガーを食べてみました。
 もともとそういうネタに走ったメニューは(食べられる範囲で)好きなので、今回も存在を知ったときから、いつかは食べないといけない、と思っていたのですが。
 家の近所にあったロッテリアが、最近違うハンバーガー屋さんになっていたので気軽に買いに行くことができず。
 調べてみても、意外と店舗が少なく、普段の生活半径には存在しなかったので、なかなか食べる機会がなかったのですが、ようやく昨日、出かけたついでに食べることができました。
 出先で見つけたロッテリア、意気揚々と店内に乗り込むと、もちろん店員さんが笑顔で「いらっしゃいませ」と迎えてくれるわけです。
 メニューを見ると、タワーバーガーは段数が指定できる様子。しかも親切にそれぞれの段数ごとの値段も書いてあります。
 最近は運動不足の身でもあり、徐々に食も細くなっている傾向。もしかすると10段は少し厳しいかもしれないなあ、とちらっと考えていた私の心は激しく揺れました。
(……ひとまず5段くらいでいいんじゃない?)
 しかーし。
 そもそも5段のタワーバーガーでネタになるのでしょうか。いいえ、なりません。
 10段なら10段だからこそのタワーでありバーガーなのです。お金を出せばもっと積んでもらえるとかそういうことは知りませんが。
 「これ、10段でお願いします」
 そう言いきった私に、店員さんが意味ありげな微笑み。
 『こいつほんとに頼むのかよ』という意味だったに違いありません。
 
 横から見るとこんな感じです。
 
 まあ、食べにくいですね。
 店員さんは親切に竹串を入れてくださったのですが、どう使えばよかったのかも分からず。
 お箸があったほうが食べやすいような気もします。
 ちなみに、美味しかったのかどうかときかれると、まあ普通だと思います。普通にハンバーグでした。チーズハンバーグ。
 たぶん、絶品チーズバーガーのほうが美味しいと思います。
 でもまあ、肉大好き!油大好き!な人にはいいメニューかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です